英語ブログ翻訳:Teamsの2月の新機能まとめ

英語ブログ翻訳
スポンサーリンク

英語のMicrosoft Teams BlogでTeamsの2月の新機能についての記事が2020年2月28日に公開されましたので、主な機能を紹介します。

https://techcommunity.microsoft.com/t5/microsoft-teams-blog/what-s-new-in-microsoft-teams-february-2020/ba-p/1199785

OutlookとTeamsの統合

Outlookの「Teamsで共有」ボタンからTeamsに共有できるようになりました。

Teamsの「Outlookで共有」メニューからメールで共有できるようになりました。

チャットとコラボレーション

タグ

ユーザーにタグをつけ、タグのついたメンバーにまとめてメンションできるようになりました。

組織全体のチームの自動作成

小規模から中堅企業の全社員をまとめるプロセスを合理化します。

ユーザーが5000人以下の新しいテナントは全て組織全体のチームが自動作成されます。

組織全体のチームと関連するベストプラクティスの詳細は以下のページをご覧ください。

Microsoft Teams で組織全体にわたるチームを作成する - Microsoft Teams
Teams で組織全体のチームを作成して管理する方法について説明します。共同作業を行うために、小規模または中規模の組織のすべてのユーザーに自動的な方法を提供します。

ファイルタブの機能強化

SharePointベースのファイル管理機能が使えるようになりました。

sharepoint files.png

電話と会議

ライブキャプションの正式リリース

プレビュー版だった英語のライブキャプションが正式リリースとなりました。

まもなく多くの言語に展開される予定です。

Teams会議のクラウドレコーディングのポリシー変更

日本は影響ありません。

Teams会議の録画データはStreamに格納されますが、現在国内でStreamを提供していない国はStreamに保存するポリシーがオフになっています。このポリシーをオンに変更します。

管理者

Teams管理センターでアプリカタログを管理

アプリカタログを使用すると基幹業務アプリケーションのテストと配布のプロセスを合理化できます。

Microsoft Teams 管理センターでアプリを管理する - Microsoft Teams
Microsoft Teams 管理センターの ページで Teams アプリを管理する方法について説明します。

セキュリティとコンプライアンス

プライベートチャネルの訴訟ホールド

訴訟ホールドでプライベートチャネルのメッセージの保存がサポートされるようになりました。

通信コンプライアンス

組織のコミュニケーションリスクを最小限に抑えます。

不適切なメッセージの検出、取得、修復アクションを実行するのに役立ちます。

アプリとワークフロー

Power BIタブの強化

Power BIタブが強化され、Power BIの新しいワークスペースがサポートされました。

アプリのピン留め

アプリを左側のレールに固定して、簡単にアクセスできるようになりました。

61d87259-3e6e-404d-a100-6d71ce7517cb.png

おわりに

他にもGCC(米国政府機関向けプラン)、教育関連の新機能がありました。

タイトルとURLをコピーしました