通話テスト(Teams会議のデバイスの動作確認)

ユーザー向け
スポンサーリンク

大事なTeams会議を行う前にデバイスの動作確認をしたい時がありますよね。

実際にTeams会議に参加してみるのも良いですが、相手がいないと音声が届いているのかどうか分かりません。

この記事で説明する通話テストを行えば一人で簡単に動作確認ができます。

通話テストの手順

操作は非常に簡単です。

画面上部の「…」をクリックすると出てくるメニューから「設定」をクリックします。

「デバイス」をクリックし、「テスト通話を開始」をクリックします。

設 定  咼 プ ラ イ バ シ  ロ 通 知  デ 八 イ ス  権 限  も 通 話  オ ー 丁 イ オ デ バ イ ス  PC の マ イ ク と ス ヒ ー カ  ス ヒ - カ  ス ヒ - カ  - (Realtek High Definition Audio(SST))  マ イ ク 配 列 (Realtek High Definition Audio(SST))  テ ス ト 通 話 を 開 始

Teams EchoというBOT扱いのアカウントと通話が開始されます。

人 、 キ - ワ - ド び ) 検 索 、 ま た は コ マ ン ド の 入 力  チ ャ ッ ト  フ ァ イ ル  TE  Teams Echo  ト ト リ の ア ト リ エ

以下のような音声案内が流れます。(不機嫌そうな男性の声という印象ですが、そう思うのはちむだけですかね…)

通話の品質をテストするにはビーという音の後に短いメッセージを録音します。 録音したメッセージが再生されます。

ポーンという音(ビーではない)の後に何か適当に話しましょう。

もう一度ポーンという音が鳴り、話した内容が再生されます。

正しく再生されれば音声デバイスは正常です。再生されなかった場合はマイクデバイスの接続やデバイスドライバ等を確認しましょう。

再生が終わると以下のような音声案内が流れます。

満足するメッセージの品質である場合はこれでTeamsを正しく構成できました。
満足ではない品質の場合はデバイス設定を確認し、もう一度お試しください。

なお、録音できる時間は最大約16秒です。

話し終わって無音が約3秒続くと録音がすぐ終了します。

通話テストのコマンドによる実行

頻繁に使用する場合はコマンドによる実行がお勧めです。

Teamsアプリ上部の検索ボックスで「/testcall」と入力します。

即座に通話テストが開始されます。

一度コマンドで実行すれば履歴から即座に実行もできるので2クリックだけで素早く実行できます。

ちむ
ちむ

そんなに何回も実行する人はこの記事を書くために何度も連続実行したちむくらいだと思いますけどね。

おわりに

Teams会議で音声トラブルのせいでなかなか会議が始まらないということがたまにあります。

そのような事を避けるためにもできる限り事前にデバイスの動作確認を行っておきましょう。


関連記事です。

おすすめデバイスをまとめています。

タイトルとURLをコピーしました