英語ブログ翻訳:Spring Ignite 2021のTeamsの新機能まとめ

最新情報
スポンサーリンク

英語のMicrosoft Teams BlogでMicrosoft Spring Ignite 2021で発表されたTeamsの新機能についての記事が2021年3月2日に公開されましたので、主な機能を紹介します。

https://techcommunity.microsoft.com/t5/microsoft-teams-blog/what-s-new-in-microsoft-teams-microsoft-ignite-2021/ba-p/2118226

会議

ダイナミックビュー

参加人数や共有の状況に応じてビューを自動調整するようになります。

MicrosoftTeamsの新機能というタイトルのブログ投稿のサムネイル画像1 |  Microsoft Ignite 2021

ビュースイッチャー

ビューを切り替えるボタンが左上に配置され、切り替えやすくなります。

MicrosoftTeamsの新機能というタイトルのブログ投稿のサムネイル画像2 |  Microsoft Ignite 2021

プレゼンターモード

PowerPointと発表者のビデオを重ねて表示したり、両方とも大きく表示したりすることができるようになります。

MicrosoftTeamsの新機能というタイトルのブログ投稿のサムネイル画像3 |  Microsoft Ignite 2021

PowerPoint Live in Microsoft Teams

PowerPointを発表しつつ、チャットやビデオを同時に確認しやすくなります。

MicrosoftTeamsの新機能というタイトルのブログ投稿のサムネイル画像4 |  Microsoft Ignite 2021

ライブリアクション

絵文字を使用してリアクションできるようになりました。

Q3 Sales Report  14 November

ウェビナー

以下のウェビナーの新機能は、Microsoft 365 E3, E5, A3, A5, G3, G5プランで利用できるようになります。Microsoft 365 Business StandardおよびMicrosoft 365 Business Premiumプランには、300人の参加者向けの機能となります。

ちむ
ちむ

英語ブログでは明記されていませんでしたが、Teams Pro専用の機能と考えて良さそうです。

参加者の登録とメールによる確認

参加者と登録ページを簡単に追加できるようになります。登録後、参加者は参加のための確認メールを自動的に受け取ります。

ΟΙ  202 t v  02  03  04  05

モデレートコントロール付きの1,000人のインタラクティブウェビナー

今月からTeamsはイベントの参加者のチャット、オーディオ、ビデオを無効にする設定や、ライブリアクション、モデレーションコントロールなど、最大1,000人の参加者向けのインタラクティブな会議とウェビナーをサポートします。

MicrosoftTeamsの新機能というタイトルのブログ投稿のサムネイル画像5 |  Microsoft Ignite 2021

20,000人の視聴専用ブロードキャスト

ウェビナーが1,000人を超える参加者に拡大すると、Teamsはシームレスに拡張して、モデレーションコントロールを含む10,000人の視聴専用ブロードキャストに対応します。今年中は20,000人まで利用可能です。

参加者レポート

参加者や参加時間などの情報をレポートとしてダウンロードできます。次の四半期ではTeams内でもレポート画面が用意される予定です。

MicrosoftTeamsの新機能というタイトルのブログ投稿のサムネイル画像6 |  Microsoft Ignite 2021

TeamsとDynamics 365のイベント連携

Dynamics 365 MarketingとTeamsが連携し、より洗練されたマーケティング活動を提供できます。

Maintaining a Healthy Work  an e rewt  384  350  274  [fid —d  tid  'h 32m  'h 32m  'h 20m  ngoam  1  1 1•.30 am  up  I-SS

チャットとコラボレーション

Microsoft Teams Connect

Teams Connectを使用すると、チャネルを簡単に共有できるようになります。外部のユーザーにも共有できるようになります。

共有チャネルは、プライマリTeamsテナント内に表示されます。

今年後半に展開予定です。

MicrosoftTeamsの新機能というタイトルのブログ投稿のサムネイル画像7 |  Microsoft Ignite 2021

TeamsとDynamics 365のビジネスプロセス連携

Dynamics 365 Sales、Marketing、Customer Service、Field ServiceとTeamsが接続されます。Dynamics 365のワークスペースにチャット、ファイル共有、会議・ウェビナーの管理等のTeamsの機能を利用できます。また、TeamsからDynamics 365のレコードにアクセス・更新・共有できるようになります。4月展開予定です。

MicrosoftTeamsの新機能というタイトルのブログ投稿のサムネイル画像8 |  Microsoft Ignite 2021

タスクアプリの発行・チェックリスト・編集

タスクアプリでタスクを発行し、Frontline Workerにタスクを割り振ることができます。タスクにチェックリストを追加できます。発行されたタスクは編集できます。今月後半に利用可能になる予定です。

承認アプリのアップデート

カスタマイズ可能なテンプレートが承認アプリで使えるようになります。OneDriveやSharePointからファイルを添付することができるようになります。Markdownをサポートする予定です。

MARIE  MB  UDO IN  Admin @ Northwind Traders

モバイル版Teamsの強化

今月はモバイル版Teamsの新機能をいくつか発表します。

新しいヘッダー、アイコン、スタイリング、ダークテーマといった視覚的な更新。オフラインファイルアクセス。新しい検索機能。チャットのピン留め。絵文字の拡張ライブラリ。GIFのトリミング。

最初にiOSに導入され、その後Androidに導入されます。

MicrosoftTeamsの新機能というタイトルのブログ投稿のサムネイル画像9 |  Microsoft Ignite 2021

おわりに

その他にセキュリティ・コンプライアンス・プライバシー関連、デバイス関連、開発関連、管理関連の機能等がありました。

タイトルとURLをコピーしました