英語ブログ翻訳:Teamsの新機能 Build 2020エディション

英語ブログ翻訳
スポンサーリンク

Microsoft Build 2020が2020年5月19~20日に開催されました。

それに合わせて英語のMicrosoft Teams Blogで今後リリースされるTeamsの新機能についての記事が2020年5月19日に公開されましたので要点を紹介します。

What’s New in Microsoft Teams | Build Edition 2020
Microsoft Teams has seen tremendous growth, with more people on Teams than ever. Today at Build, we are announcing many new capabilities in Microsoft Teams to c...

アプリの作成と公開の簡易化

Microsoft Teams Toolkit for Visual Studio Code

Microsoft Teams Toolkit for Visual Studio Codeがパブリックプレビューとなりました。

このToolkitによりTeamsのアプリケーションの作成が容易になります。

以下のページから利用できます。

Microsoft Teams Toolkit - Visual Studio Marketplace
Extension for Visual Studio Code - Create, debug and deploy Teams apps directly from Visual Studio Code
VSC(2).jpg

Power Virtual AgentsのローコードBOT

Power Virtual Agentsを使用してローコードでBOTを作成できるようになります。

Power AppsとPower Virtual AgentsのTeamsへの追加の簡易化

Power AppsとPower Virtual AgentsのカスタムアプリをTeamsに展開するプロセスが簡易化されます。

Power Automate + Teamsによるワークフロー自動化の強化

Teams向けのトリガーとアクションが増えます。

更に、自動ワークフローの構築を簡単にするためにTeams向けのビジネスプロセスシナリオテンプレートが提供されます。

Power Automate triggers-actions.png

Shifts + Power Automateの新しいアクション

Shiftsから情報を取得してワークフローを作成できるようになります。

Shifts.pngのPower Automate

Power BI共有機能の向上

Power BIのレポート画面から「チームに共有」ボタンをクリックするだけで簡単に共有できるようになります。

更に、個々のグラフをコピーし、チャネルの会話に貼りつけることができるようになります。

アプリのアクティビティフィード通知

アクティビティフィード通知をカスタマイズ・制御するMicrosoft Graph APIのベータ版がまもなく登場します。

4.png

詳細なアクセス権限設定

TeamsのGraph APIで詳細なアクセス権限設定ができるようになります。

アプリからのモバイルデバイス機能

モバイルデバイスのカメラ・位置情報・マイクなどを使用して開発できるようになります。

apps.pngのモバイル機能

メッセージのアクションの通知

Microsoft Graph APIでメッセージの作成、返信、リアクションなどの様々なイベントの通知を受けることができます。

新しいTeams Graph API

新しい機能がTeams Graph APIに追加されます。

ShiftsのGraph API

ShiftsのGraph APIを使用して開発者はShiftsのカスタマイズができます。

App Studioの更新

App Studioがv1.4.0に更新されました。

App Studio.jpg

アプリ管理機能の向上

アプリ公開の承認プロセス

Teams管理センターからカスタムアプリをレビュー、承認、公開できます。

サードパーティーアプリの購入の管理

Teams管理センターでサードパーティーアプリのライセンスの購入・管理ができます。

アプリのカタログと購入状況:

製品内購入MERGE x2.png

アプリ購入画面:

事前購入-単一のZohoグループx2.png

Graph APIの権限付与

アプリが要求してくる権限に対してIT管理者が権限付与できるようになります。

アプリを見つけやすくする

管理者がユーザー向けにアプリを見つけやすいようにオーバーフローメニューを調整することができます。

エンドユーザー向け機能の向上

アプリのポップアウト

アプリを別のウィンドウで開けるようになります。

MultiWindow-May.png

チームのテンプレート

チームを作成する際に様々なテンプレートを使用することができます。

イベント管理、危機対応、病院、銀行などのテンプレートがあります。

Microsoft Lists

Microsoft ListsがTeamsで使えるようになります。

Lists-plus-Teams_Create-list.png
Event-Itinerary-list_in-Microsoft-Teams.png

コンテキスト検索

CTRL+Fで特定のチャネルまたはチャットでコンテンツを検索することができます。

contextual search.png

Azure ADシングルサインオン

デスクトップとモバイルの両方のアプリでシングルサインオンできるようになります。

チーム+ Azure Active Directory.png

Azure AD条件付きアクセスの動作改善

条件付きアクセスが設定されている場合でもアプリとタブの切り替え時に自動的にサインインします。

条件付きアクセス.png

リソース固有の同意

この機能によりアプリのスコープとデータへのアクセスを特定のチームのみに制限できます。

リソース固有の承諾.png

アダプティブカードの強化

アダプティブカード内でのメンションなど通知機能が強化されます。

アダプティブカード内でのメンション:

Adaptivecards1.png

リッチテキスト:

Adaptivecards2.png

モバイル向けのメッセージングアクション

メッセージから様々なアクションを実行することができます。

mobile 111.png

外部との接続

Bookingsアプリによる仮想アポイントメント

Bookingsアプリを使用して、企業と消費者間の会議のスケジュール、管理、実施が可能になります。

患者との仮想診療、求人の面接、小売りのサービスの予約など外部の出席者との会議の予約を簡単にスケジュールできるようになります。

teams.pngの予約アプリ

NDI for TeamsとSkype TX相互運用性

ネットワークデバイスインターフェース(NDI)のサポートとSkype TXの相互運用性を導入します。

Teams会議を仮想ステージに変換し、ブロードキャストに活用できます。

NDI.png
タイトルとURLをコピーしました