新機能:プライベートチャネルの訴訟ホールド(2月中旬予定)

最新情報
スポンサーリンク

メッセージセンターで通知されたプライベートチャネルの訴訟ホールドの機能について解説いたします。

メッセージセンター MC202846

2020年2月2日にメッセージセンターでプライベートチャネルの訴訟ホールドの機能についての通知がありました。

以下はメッセージセンターのMC202846の内容です。タイトルは「New Feature: Legal hold for Teams private channels」です。

We have begun rolling out legal hold for Microsoft Teams.

  • The rollout will be completed by mid-February.

This message is associated with Microsoft 365 Roadmap ID 60434.

How does this affect me?

Admins and relevant roles will now be able apply a legal hold on private channel messages in Microsoft Teams.

Legal hold is a critical step to preserving all message copies and to prevent content tampering. It is vital for legal investigations.

What do I need to do to prepare for this change?

To put a user or a team on Legal Hold, navigate to the Security & Compliance Center. When you create a new case, you are presented with the option to place mailboxes or sites on hold.

To learn more about Office 365 security and compliance, read Configure your Office 365 tenant for increased security.

メッセージセンターの通知内容の要点

  • Teamsの訴訟ホールドの展開を開始しました。
  • 2月中旬までに展開を完了します。
  • プライベートチャネルに訴訟ホールドを適用できるようになります。
  • 訴訟ホールドは全てのメッセージコピーを保存し、コンテンツの改ざんを防ぎます。

ロードマップ上の情報

メッセージセンターからリンクされているロードマップの情報は以下です。

YIJ-Ä  February  CY2020  Legal Hold for Teams Private Channels messages  Legal Hold for Teams will now support Private Channel Messages. There is no action required to enable Legal  Hold for Teams Private Channels. To learn more about how to apply a legal hold for private channels, see this  article: https://docs.microsoft.com/en-us/microsoftteams/legal-hold  Rolling  out  Featured ID: 60434  Added to Roadmap: 1/31/2020  Last Modified: 2/1/2020  Tags: GCC, Worldwide (Standard Multi-Tenant), General Availability, Microsoft Teams,  0365  55  GCC  Worldwide  (Standard  Multi-  Tenant)  General  Availability  Microsoft  Teams  0365

リンクされているURLの日本語ページは以下です。

Microsoft Teams ユーザーまたはチームに訴訟ホールドを適用する - Microsoft Teams
セキュリティ/コンプライアンス センターを使用した Microsoft Teams のユーザーまたはチームへの訴訟ホールドの適用と、データ要件に基づいて訴訟ホールドを適用する必要のある項目について説明します。

ページ内では以下のような注意書きがあります。

① 注 意  プ ラ イ ベ - ト チ ャ ネ ル メ ッ セ - ジ の 法 的 保 持 の 構 成 は ま た サ ホ - ト し て い ま せ ん 。 プ ラ イ ベ - ト チ ャ ネ ル で 共 有 さ れ て い る フ  ァ イ ル の 法 的 な 保 留 は サ ホ - ト さ れ て い ま す 。

展開が完了したらこの注意書きはなくなるでしょう。

おわりに

プライベートチャネルが2019年11月に実装されましたが、プライベートチャネル内の会話については訴訟ホールドの対象外になっています。

現状はプライベートチャネルで暴言等の社員間のトラブルがあった場合に削除してしまえば証拠隠滅できてしまうということです。

これは新機能というよりも設計ミスの修正ですね。

展開が完了すればプライベートチャネルもしっかり訴訟ホールドの対象にできるので証拠隠滅できなくなります。

タイトルとURLをコピーしました